TOP > 織元山口の歴史

織元山口の歴史


織元山口は先染めジャカード織物による特殊織物の専門メーカーです。
織元山口のある山形県米沢市は江戸時代から続く織物の産地です。
起源は上杉鷹山が、当時、窮地に陥っていた上杉藩の財政を立て直す一つの策として、
家臣だった武士たちに織物製造を推奨したことが始まりといわれています。

現在は米沢織(略して米織:ヨネオリ)の名称で高級婦人服地、呉服地を中心とした
日本有数の産地となっています。
米織はこれといった決まりのある織物ではありませんが、
その特長である細番手で先染め、高密度な織物は、世界的にみても、生産している産地は少なく、
現在は世界の一流ブランドのテキスタイル産地の一つとして成り立っています。

(写真左)大正時代の米沢織物協同組合の証書



織元山口はルーツをたどると、
「ガチャマン」といわれた空前絶後の好景気の時、
大正12年(1923年)
現社長の祖父、山口憲一(明治32年生)が設立した、
山口織物有限会社が起源となります。

ガチャマン景気は去り、太平洋戦争を潜り抜け、
時代に奔走されながら、
昭和34年、山口憲一の次男、山口昌二が分家として独立し
山昌織物設立しました。
平成10年に現社長山口英夫が就任し、
現在の株式会社織元山口に改組、今に至ります。
大正、昭和、平成という激動の20世紀を、
織物の制作を家業として脈々と続けてきました。



写真左上)昭和30年代初当、織物工場建設の様子。(外観)
写真左下)昭和30年代初当、織物工場建設の様子。(屋内)

現在、織元山口は米沢の伝統産業ともいえる織物の技術を21世紀へ繋いでいくために、
伝統の織の技術に最新のデジタル技術を融合させた
新しい織物作りに取り組んでいます。
その一つがデジタル画像を忠実に織り上げる写真織の技術、PHOTOTEXであり、
従来、織物は大量生産でしかなかった物を、1点からの生産を可能にしました。
現在、織元山口ではこの技術を中心として特注織物の制作、緞帳やタペストリー、
宗教祭事に使われる特殊織物等、幅広い分野で活用いただいております。

また、代表を務める山口英夫は作家としての評価も高く、
芸術の面においては、国内外における数々のコンペによる受賞、
米国メトロポリタン美術館をはじめとする一流の美術館による作品の収蔵など、
デザイン、アートの分野でも実績を積み上げています。

(左の写真)メトロポリタン美術館収蔵 HIDEO YAMAKUCHI『視線』

技術面においても、
平成20年に第2回ものづくり日本大賞(経済産業大臣賞)を受賞し、
技術力と品質の高さを裏付けています。
近年では、浅草寺様の本堂落慶50周年記念の御戸帳や、
タイ国王陛下生誕84周年記念のタペストリー等、
歴史に残る文化財相当の織物の制作を賜っております。

(左の写真)浅草寺様の本堂落慶50周年記念の御戸帳 部分拡大
HIDEO YAMAKUCHI / 技術解説 / 織元山口の歴史 / 会社概要 

株式会社 織元山口 http://www.yamakuchi.co.jp

ORIMOTO YAMAKUCHI
〒992-0077  山形県米沢市簗沢1790-1
tel:0238-32-2364(平日10:00〜17:00)
fax:0238-32-2365(24時間受付)

プレスご担当者様へスムーズに対応させていただく為に問い合わせいただく際は取材内容を明記したFAX又はメールを当社宛にお送り下さい。
サイト内の画像及び文章の無断転写を禁じます。 Copyrights(c) ORIMOTO YAMAKUCHI All rightsRiserved